信州こずくまんじゅう  小さくてもでっかく美味い

信州信濃の一茶の里、里山の清らかな水で北海道十勝産の小豆をじっくり練り、手間をかけ、ずくを出して仕上げたこずくまんじゅう。もっちり、もちもちの薄皮が、しっとりとしたこし餡を引き立て、またほっこり餡のつぶあんには、まろやかな優しさを与えてくれます。

2019年7月に仲間入りしたつぶあんは、日本茶のお供だけでなく、コーヒーや紅茶にも合うフードペアリングで、年齢層の幅を超えた日本のまんじゅうとして皆様のお手元にお届けできるように日々生産を行なっております。

生まんじゅうとして蒸したての所感を試していただきたい願いを込めて、湯気が上がる作りたても召し上がっていただきたいところですが、長野市では3箇所の販売拠点しかないため、通販用として新規に日持ちするように梱包を改良し、作りたてそのままの「しっとりもちもち感」をお届けできるようになりました。

ぜひ、しっとりもちもちの薄皮に包まれたしっとり餡のこしあんと、ほっこり餡のつぶあんを召し上がっていただけたらと存じます。きっと、もう一つと手が伸びるまんじゅうを実感いただけると思います。

信州信濃の茶まんじゅう、こずくまんじゅうをお召し上がりください。

信濃の一茶の里、清らかな水流れる信濃町の里山で、ずくを出して仕上げた茶まんじゅうは、100年続くまんじゅうとして地域の方々に愛されてきました。それは、一口食べると笑みが溢れ、もう一つと手が伸びる、信濃の『こずくまんじゅう』として生まれ変わりました。ひとえに百年、初代の気持ちを繋ぎ、工夫を重ね、時代の波を乗り越えてその心を繋ぐにはとても困難なことでもありますが、地域に愛され、その『ずく』の精神をこれからも皆様にお届けできるようにと考えております。

こずくまんじゅう 饅頭 まつりや

商品ラインナップ

こしあん こずくまんじゅう しっとり餡子

長きにわたり愛されている、こずくまんじゅうの元祖、こしあんまんじゅうです、しっとり、もちもちの薄皮に包まれた、滑らかなこしあんは、口の中でゆっくり溶け包む薄皮がそのアクセントになって、さっぱりした甘さとして美味しさを引き立たせます。

つぶあん こずくまんじゅう 優しい甘さの餡

2019年7月吉日、多くのお客様からお声を頂いておりました粒あんが、この度仲間入りしました。こし餡共々ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。
新発売された【こずくまんじゅう つぶあん】は、口に広がる甘さを粒餡がまろやかにし、こし餡とは違った優しい甘さが『ほっとするひととき』と、『もう一つ食べようか』という誘いをさせる魅力を持っています。
同じ餡でも甘さが控えめに感じられます。好みに合わせてお買い求めください。



フードペアリング コーヒー、紅茶、飲み物、食べ物としても相性が良い

こずくまんじゅう

昔から『まんじゅう』は日本茶のお供が一般的でしたが、科学的にもあんこはフードペアリングとしての効果を発揮するものと今では周知認識となりつつあります。フードペアリングとは一緒にしても味を損なわないものに総称されるものですが、皆様もご経験があるように、あんこが合う食べ物や飲み物は沢山あります。信濃のこずくまんじゅうの餡子は更にその他の味を引き立て、香りを引き立てる餡子としても人気が高まっています。

ずく出して、継がれる伝統の味と新しい時代に添う通販

こずくまんじゅう

こずくまんじゅうは、長きの間培われた味を残す為に、試行錯誤を重ねてまいりました。現在もなお工夫を重ね、日持ちのしない”こずくまんじゅう“の旨さを全国の皆様にお届けできるようにと工夫を重ね、通販ができるようになりました。その長きに渡る工夫が紅茶にもコーヒーにも合うまんじゅうとして皆様に支持されているのだと存じます。


地域の憩いの場 一休み処としてお茶、コーヒー無料

こずくまんじゅう

「まつりや 信濃町店」は地域に生かされる、愛される店として店舗の一角をお茶やコーヒーを無料で飲んでいただける憩いの場所として開放しています。地元の人が集まる地域の方の交流の場としての役割を担え、お土産にまず味見をしていかれるお客様もいらっしゃいます。

全国のまんじゅうと信州信濃のこずくまんじゅうを食べ比べ

こずくまんじゅう

全国にある数々のまんじゅうの中で信州信濃の『こずくまんじゅう』を覚えていただければ幸甚に存じます。