みーる農園

みーるんヴィレッジ

いきものみっけ
  1. HOME
  2. みーる農園

通年の収穫体験できる フードテーマパーク みーるんヴィレッヂ

みーるんヴィレッヂは収穫体験ができる食育フードパーク、テーマパークでもあります。農園内で様々な体験ができる中、雪に覆われる冬季期間の間でも食農体験ができるイチゴに注目し、信州大学と連携して通年収穫ができる夏秋苺(かしゅういちご)を栽培しております。冬季期間でも食農、食育体験をしていただく事で、雪国のお子様達への夢のプレゼントにもなるのではないでしょうか。


夏秋イチゴは果実が中まで赤く甘い 高級パーラーや洋菓子店で人気のイチゴ

信大の品種改良したイチゴの魅力は、夏期の高温下でも高い糖度を持ち香りも強く食味の点で魅力的であることです。更に切った時に中まで赤く、果実が比較的硬く加工もしやすいことから、高級パーラーや洋菓子店でも取り扱われる品種であります。
 
現在本格的な周年栽培(一年中栽培可能)出来るように信州大学と共同で、夏秋いちごの栽培を展開させ、地域の子ども達がいつ遊びに来ても、大きな苺の観察や収穫体験を通じて興味を沸かせワクワクさせ、食に対する関心も高める場所の提供を継続したいと考えております。

みーる農園生まれの『かぐや姫』

夏秋イチゴとは、通常多く店頭に並ぶイチゴは『冬春イチゴ』と呼ばれているものです。それに対して『夏秋イチゴ』はこれまでは、あまりおいしい苺ではないと言われてきましたが、信州大学農学部 大井研究室が新しい品種改良を行い、2011年に「信大BS8-9」が誕生しました。
みーる農園がある長沼地区は夜空がきれいで月も映える所であることから月に住むかぐや姫にもこのイチゴを届けたいという思いを込めて『かぐや姫』と名前を付けました。

ページトップへ↑